石丸幸人の経歴を紹介!

アディーレの石丸幸人は天才?危ない人?

アディーレ法律事務所の石丸幸人

 

アディーレ法律事務所に借金の整理を頼もうと思っているあなたは「アディーレ法律事務所の代表の石丸幸人ってどんな人だろう?」と気になっていませんか?

 

 

アディーレ法律事務所は全国に支店があり、150名ほどの弁護士を抱える大きな法律事務所です。そうなると「あの弁護士さんにお願いしたいのですが…。」というように指名はできずとも、アディーレ法律事務所の設立者がどんな人かは気になりますよね。

 

 

今回はアディーレ法律事務所を設立した弁護士「石丸幸人」について紹介していきましょう。弁護士とは思えない経歴に少し驚いてしまうかもしれません

 

 

石丸幸人の経歴は?

 

まずは簡単に石丸氏の経歴を紹介しましょう。

 

経歴
1995年 横浜国立大学第二経営学部卒業

1995年(株)セガ・エンタープライゼス入社
1997年(株)パソナソフト入社
2001年 司法試験に合格
2004年 アディーレ法律事務所を設立

 

多くの弁護士は法科大学院に入学・卒業し、司法試験に合格という流れで弁護士になります。しかし、石丸氏が在籍していた大学は経営学部、さらに大学を卒業してから司法試験合格までには約6年ほどの期間が空いています。

 

 

この間に法科大学院に進学したという情報は、ひとつもありません。実は法科大学院に進まなくても司法試験を受験する方法はあるのですが、その場合は「司法予備試験」に合格し、司法試験の受験資格を得なければいえません。

 

 

この司法予備試験の合格率は3%前後とも言われ、石丸氏はこの狭き門をくぐり抜けた天才とも言えるでしょう。

 

 

また、大学を卒業した後、セガ・エンタープライゼス、ゲームセンターに就職し、さらにパソナソフトというITベンチャー企業でも働いたという経歴は、なかなか異色です。先ほども話したように、多くの弁護士は法科大学院を卒業し司法試験に合格したらそのまま弁護士になりますからね。弁護士以外の職業に就いた経験がある人は、少数派なのです。

 

 

さらに、そんな異色な経歴を経て2004年にはアディーレ法律事務所を設立してしまい、そこから驚異的なスピードで全国展開もやってのけるわけですから、ただものではありませんね。

 

 

人物像や得意な分野は?

 

一般人には考えられないような流れで弁護士になった石丸氏ですが、意外にもゲームが大好きなんだそうです。ゲーム好きが講じて大学卒業後はゲームメーカーに就職したんだとか…。さらに、自宅では「DS」というゲーム機を手放せないとも公言しています。

 

 

これだけ聞くと、「私とあんまり変わらないなぁ…。」とちょっと身近な人に感じられるかもしれませんね。

 

 

また昔から暗記力には自信があり、学生時代には2ヶ月半で45kgのダイエットに成功したという情報もあります。この「暗記力」とやると決めたら絶対にやりきる「根性」があったからこそ、人とは違うルートでも司法試験に合格できたのでしょう。

 

 

弁護士の仕事としては、特にアディーレ法律事務所のメインの仕事でもある債務整理を得意分野としていますが、他にも刑事弁護や離婚問題にも精通しているようです。また、弁護士以外にも税理士、社会保険労務士、さらには保育士の資格も取得しているため、単なる弁護士とは違い、さまざまな角度からのアドバイスもしてもらえそうですね。

 

 

石丸幸人の危ない過去?

 

とにかく「天才」という言葉が似合いそうな石丸氏ですが、実は危ない過去もあったようで…。

 

 

石丸氏は大学卒業後、ゲームメーカーに就職し東京勤務を希望したそうです。しかし、実際には地元の北海道へ配属されてしまいます。昔から「東京でビッグになる!」という夢があった石丸氏は自暴自棄になり、なんと酒気帯び運転で3回も逮捕されてしまったのです。逮捕歴を持つ弁護士さん…なかなか聞いたことがありませんよね。

 

 

石丸氏はこのとき留置所の中で、「免許も仕事も家も失い前科しか残っていない自分はどうやって人生を巻き返せるだろうか?」と考え、「30歳で弁護士になる。」という目標を打ち立てたのです。実際には29歳で司法試験に合格しているので、まさに有言実行ですね。

 

 

これだけでも十分波乱万丈ですが、アディーレ法律事務所を設立した後も大きな危険が…。アディーレ法律事務所は、「今だけ着手金を無料にします!」という広告を、実際には5年にも渡り掲載し続けて、法律違反を冒してしまいます。その結果、アディーレ法律事務所には2カ月、代表の石丸氏には3カ月の業務停止処分が東京弁護士会から下ります。これが2017年の暮れの話です。

 

 

アディーレ法律事務所にとってはもちろんですが、一個人の弁護士とにとっても業務停止処分というのは死活問題です。それでも、業務停止処分を終えたアディーレ法律事務所は運営を再開し、1カ月遅れて石丸氏もアディーレ法律事務所で弁護士業務を再開しています。

 

 

ここまで危ない過去を持ち、波乱万丈な弁護士さんもなかなかいないでしょう。酒気帯び運転や景品表示法違反という法律違反は、当然ながらあるまじきことです。しかし、そんな危ない過去を何度も乗り越えて、今も弁護士として活躍しているのは、それだけ人間として優れていることの証明なのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

アディーレ法律事務所の設立者、石丸幸人について簡単に紹介しましたが、良い意味でも悪い意味でも驚きの人物でした。今回の紹介では、特に酒気帯び運転という危ない過去が強烈な印象として残ったかもしれません。

 

 

しかし、それまで一般人には近寄りづらくとっつきづらい「弁護士」という存在を、全国にアディーレ法律事務所を設立し「アディーレ(身近)」な存在にしたのも、間違いなく石丸氏だと言えるでしょう。

アディーレ法律事務所の設立者「石丸幸人」は天才?危ない人?
アディーレ法律事務所の設立者「石丸幸人」は天才?危ない人?
とりあえず、借金減額診断がどういったものなのか確認したい方はこちらをご覧ください。 アディーレ法律事務所の設立者「石丸幸人」は天才?危ない人?
アディーレ法律事務所の設立者「石丸幸人」は天才?危ない人?
とりあえず、借金減額診断がどういったものなのか確認したい方はこちらをご覧ください。